あ~あ、上手くならん。安定しない。。。。。ボヤキっぱなし。

ただ、ベテランだから凹んではないけどね。(笑)




今日のゴルフ本は通勤で1日で読めるゴルフ本、
ゴルフ、あっというまに上達する極意。―シングルを引き寄せる法則 (ゴルフダイジェスト新書)ゴルフ、あっというまに上達する極意。―シングルを引き寄せる法則 (ゴルフダイジェスト新書)
(2009/04)
松本 進

商品詳細を見る

毎度おなじみGD新書。
まっ、本当にGDは次から次へと色んな書き手を発掘してきますな。(笑)

GD社による内容紹介
「目からウロコ! 上手い人の考え方はあなたとこんなに違うんだ」
「ゴルフが上手くならない、と悩んでいる人は、スウィングの善し悪しよりまず、「考え方」から変えていこう!アベレージで足踏みしている人は、知らず知らずのうちにスコアアップできない考え方や行動のパターンを繰り返してしまっている。世界中のシングルが、上手くなるために何を考え、実行しているのか、その実際を緻密に調査し、探り出した行動パターンを大公開。ここに紹介する様々な思考パターンを実践すれば、誰もがあっという間にシングルになれるんだ。 」とある。

<目次>
基本操作「シングルの習性」 シングルってこんな人。
バージョンアップ「シングルの練習」 これをやるとうまくなる。
外部接続 「シングルのラウンド」 いつも70台で回るためのテクニック
メンテナンス「シングルの生活習慣」 普段、こんなことをすれば必ず上達する!
トラブル・故障したときは「シングルのモチベーション」 それでも挫けてしまったら……

著者の松本進氏はメンタルトレーナー&プロコーチ。ナンバーワンのスポーツ心理学者&PGAインストラクター、デビッド・ライト博士のともで薫陶を受け訪米22年。現在、「マインドアンダーパーゴルフスクール」講師。

クラブの進化に比べ過去30年間アマチュアのハンディは変化していない。
スウィングさえ良くなれば良いスコアが出るとか、たくさん球を打って練習しないと上手くなれないというアマチュアの誤解をシングルの考え方と比較した本ですな。

特に真面目な大体が持つであろう日本人が「結果が伴わないのに自信は持てない。」という考え方を否定して、失う事のない根拠のない自信こそ、持つべきだっていう超ポジティブシンキングを薦めています。成功のハードルを下げて小さな達成感の積み重ねこそゴルフの楽しさや自信を生むと説いています。

都合の悪いこと、つまりミスは記憶しないでナイスショットだけ記憶。ミスショットを反省することなく楽観主義で行こうという考え方が上級者で、シングルの練習方法やスコアを目標にするのではなく「ルーティンをやりぬく」「毎回ターゲットを決める」などの達成できる目標の掲げ方を教えてくれますね。

このゴルフ本は、著者がアメリカ生活22年ということでアメリカらしい超ポジティブシンキングを勧めています。ここまで反省のいらない考え方を勧めるゴルフ本を読むのは逆の意味で珍しいな。(笑)

そしてまた、この本珍しいところが、強調する言葉はメチャクチャに大きな字で書いているというレイアウト。

ということで、全然難しくないです。むしろ簡単すぎる。(笑)
これは・・・・・・・・アベレージ向きですね。

ただ、巻末にスコアカード分析表がついてて、これはミスショットを記入するのではなく各ホールの80点以上のショットだけを点数をつけて記入し、そしてその様子・感触を思い出すという方法を勧めているのが少し興味を引きましたな。

まっ、それにしても改めて思うが、ゴルフダイジェストさん!色んな人を探してきますねぇ。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)