世の中はお盆休みに入りつつあるようですが、またまた相も変わらずゴルフ本の書評です。


今日のゴルフ本は久々に感動したゴルフ小説です。
フェアウェイに見る夢フェアウェイに見る夢
(2000/08)
高橋 三千綱

商品詳細を見る

「フェアウェイに見る夢」高橋三千綱 2000年8月初版。 
文藝春秋社「オール読物」1998年1月~1999年12月号連載した10編を単行本化。

これは久々に良いゴルフ小説に出会いました。
ゴルフ好きなら一度は読んでもらいたいな。高橋さん見直しました。(笑)

高橋氏は「Dr.タイフーン」「BJボビィになりたかった男」などここで多数取り上げたゴルフコミック(というよりコミック全般)の原作者としてのほうが有名ですが、さすが芥川賞作家の小説家。良かったな。

元祖Dr.タイフーン 7 (アクションコミックス)元祖Dr.タイフーン 7 (アクションコミックス)
(1998/12)
高橋 三千綱

商品詳細を見る


BJボビィになりたかった男 4 (GSコミックス)BJボビィになりたかった男 4 (GSコミックス)
(2002/09)
高橋 三千綱

商品詳細を見る


このゴルフ小説の中では「研修生」「ウィニングボール」「息子よ」と目頭が熱くなって珍しく泣いてしまったな。
この10編は連載が進むにつれて段々と実在のプロや誰かモデルがいるような主人公になり試合シーンや裏話エピソードに取材の確かさとゴルフに対する作者の愛情を感じたな。

この本はゴルフが好きな方にはお勧めです。辛口な私にしてはベタ褒めですな。(笑)




ただ読んだときに、最初の「12歳の同志」はゴルフコミック「我が人生にゴルフあり」の主人公のコミック以前のエピソードを彷彿させるものだし、最後の「死力の果てに」もゴルフコミック「プロゴルファー」とそっくりだった。

これはひょっとしてこれらのゴルフコミックの原作?って思ったが、発表年数を確認するとコミックの出版の方が先でしたな。
プロゴルファー 1 (アクションコミックス)プロゴルファー 1 (アクションコミックス)
(1994/05)
高橋 三千綱

商品詳細を見る


我が人生にゴルフあり 5 (ジャンプコミックスデラックス)我が人生にゴルフあり 5 (ジャンプコミックスデラックス)
(1995/04)
高橋 三千綱

商品詳細を見る



同名のゴルフコミック「フェアウェイに見る夢」作/高橋三千綱・画/里見 桂 はまだ未読です。
なかなか探してもないんだな。
フェアウェイに見る夢 (GSコミックス)フェアウェイに見る夢 (GSコミックス)
(2005/02/25)
高橋 三千綱里見 桂

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)