え~、ゴルフ本のストックが少なくなってきて今現在読み貯め中。。。


今週号の週刊現代にカラーグラビアで新井麻衣と辻村明須香のカラー独占撮り下ろしがありましたな。やはり「あすみん」の方がカワイイかぁ?意外に胸もあったし。(笑)
syuukangendai
このへん↑に小さくグラビア写真の件を書いてますが、読めんか?(笑)


ということで、ゴルフ本書評補充中のためゴルフコミック評をば。
KING GOLF 1 (少年サンデーコミックス)KING GOLF 1 (少年サンデーコミックス)
(2009/01/16)
佐々木 健

商品詳細を見る

週刊少年サンデー2008年第37号から連載中のゴルフコミック(漫画)の「KING GOLF」

まずこのコミックで特筆すべきことが、技術指導・監修が片山プロのツアープロコーチ谷将貴ということ。ゴルフ専門家が原作やアドバイザーをするコミックは珍しくて中身も本格的です。

良く少年誌にあるような現実的に不可能なショット連続の「ありえねえ」ゴルフコミックじゃなく、なかなかに読者層のジュニアにゴルフを正しく教える効果がありそうな漫画です。


主人公帝倫高1年プレデターと呼ばれる優木蒼甫、同級生の天才アマ「精密機械」霞見ひかる、アイドルゴルファー中山有海たちが中心人物。   

登場人物がスポーツエリートと不良という対比、そして主人公がショートドレッドというヘアスタイル。
 
元賞金王のコーチ谷川謙作がゴルフ部のコーチ。
初めてクラブを振って右手一本で210yで飛ばした優木蒼甫を不親切だが具体的に基本から教えていきます。
新聞紙を丸めてグリップしたスウィング、ハーフスウィング、スリークオーターなど順を追って教えていく過程にゴルフの正しい知識・基礎を面白く教えようという意図を感じますな。

初ラウンドが東関東ブロック予選で7i・SW・パターで80+61というスコア。
ケンカでは無敗だが初めて屈辱・敗北し、ゴルフ王になろうと決意していく主人公のストーリーです。

校門でのパッティング連続100回挑戦、小学生とのジュニア合宿などなかなか読ませてくれて少し続きそうで大化けしそうな可能性を感じさせますな。
そして巻末レッスンの「谷コーチのゴルフ王になるために」がなかなか本格的です。

少年漫画誌を読まないおっさんはweb少年サンデー「KING GOLF」を参照してくれ。(笑)

上記サイトではためし読みもできるが、困ったことに新刊第4巻が本屋で探してもねえんだな。
やっぱりゴルフ漫画は人気ねえのか?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)