今日は仕事中にぶらっと先日オープンしたばかりのゴルフ5へ。

今のセッティングをがらっと総入れ替えしたいが、金もなく燃えるものもなくただのブラ見。
新品大手でも意外に中古コーナーが充実していて少し驚いたな。




などと前振りして中古クラブゴルフ本の書評になだれこむ。(笑)

しかし、このペースでゴルフ本の書評を書き続けて大丈夫なのか?
確かに現在書評をストックもまだ3冊あり現在4冊目を読書中ではあるが、この調子で書き続けて続くのか?

これがまさしくこのブログタイトルのようにNO PLANなんだなぁ。先のことは心配せず。

中古ゴルフクラブ100%活用法―失敗しない売り方買い方 (パーゴルフ新書)中古ゴルフクラブ100%活用法―失敗しない売り方買い方 (パーゴルフ新書)
(2008/07)
中山 功一

商品詳細を見る


久々のパーゴルフ新書。
フェスティバルゴルフで長年売買に関わり中古業界のカリスマと呼ばれるアメ横の中古鑑定人の本。

本の構成は、昔に私も経験したこともある委託販売システムからバブル崩壊と丈夫なメタルウッド発売で空前のゴルフブームになり新製品の発売サイクルの短縮化など、中古クラブの世界からアメ横中古ショップの歴史。

いい中古クラブショップとめぐり合う方法―――ショップの選び方、いい中古クラブショップの条件。
中古クラブの売り方・買い方などプロとしてのアドバイスをしてくれます。

そして第5章はブランドイメージ分析、第6章は中古20メーカーアイテム解説、最後にあとがきとしてアメ横の面白話などが内容です。

しかし、本当にゴルフクラブサイクルは早い。
昨年2008年7月発行の本なのにクラブなのにかなり以前のクラブのように感じてしまうな。

まっ、軽く読める本なので軽く読みました。(笑)

私も最近は新品クラブとグローブ・ボール等の消耗品はネット、それ以外は中古ショップで買うというパターンですな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)