ゴルフブログでアクセス上位はゴルフギア関係か女性ブログかな?
いかに男の本能が道具(いわゆる武器)か色の方に関心があるか証明しているわけだ。

まっ、むさいオッサンが独り言書いてるようなブログ読んでも仕方ないわけだ。

その加齢臭漂うワシのブログでも検索上位は巨乳か長尺パター。(笑)



おっ!話の前にブログタイトルこの前から「ゴルフも人生も no plan (;´Д`)」に変更した。
別に意味なし。単なる気まぐれ。(笑) 


え~、続きまして本題に入りますが、
ワシは由緒正しいビンボー人なため、まぁまぁギア好きなんだけど、たまにしか買えず買い足しているので、持ってるクラブのメーカーがバラバラ。(笑)

現在若干変更しつつあるが、1Wナイキ、3・5Wテーラーメイド、7Wキャロウェイ、アイアン5~Pがダンロップ、48°がクリーブランド、52°・56°がゲージデザイン、パターがオデッセイと合計7メーカーを使っている。

近々にはパター(お金に余裕があればウェッジも)を買い換える予定で、それでゴルフのモチベーションをあげようという目論見。

そこで、たまにはゴルフギア関係のゴルフ本も読まないといけないので読んだゴルフ本の書評。

スコアアップできない原因の50%は間違いなくあなたのクラブです。 (じっぴコンパクト新書)スコアアップできない原因の50%は間違いなくあなたのクラブです。 (じっぴコンパクト新書)
(2009/08/28)
鹿又 芳典

商品詳細を見る

「スコアアップできない原因の50%は間違いなくあなたのクラブです。」著者/鹿又芳典 実業之日本社  2009年09月

<内容紹介>

「14本のゴルフクラブは、コースという戦場に持っていける頼もしい武器です。クラブの本質を知り、「スイング+ギア」の両方の進化に合わせた使い方を理解することが上達への近道なのです。本書では、年間試打本数2000本以上にも及ぶ敏腕クラブコーディネイターが、スコアアップを目指すすべてのアマチュアゴルファーにアドバイス!わかりやすい理論をベースにした考え方で、あなたに合ったクラブ選びのコツを解説。」

<目次>

第1章 100切り、90切りの要は「死なない」ドライバー選び
第2章 「つなぎ」用と「乗せる」用の2本から考えるフェアウェイウッド
第3章 「どっちつかず」に手を出してはいけないユーティリティクラブ選びの真実
第4章 「飛距離の階段」を作るアイアン6本セットの新基準
第5章 ウエッジは「SWの飛距離」で使う本数が決まってくる
第6章 スコアの安定性を底上げする「14本を生かし切る」セッティング

著者/鹿又芳典(カノマタ ヨシノリ)
1968年、東京都生まれ。カウンセリングを主体にしたクラブ診断が、初級者からトップアマ、プロにも大きな信頼を得ている敏腕クラブコーディネイター。卓越したギア知識に加え、スイング理論にも精通しており、シングルハンデの競技ゴルファーとしても活躍中。ゴルフショップマジック千葉中央店代表。

え~、表紙には「ゴルファーの80%は上達しないクラブを使っている。マイナス10打ならギアの改善だけでOK!」とあります。で、イラストはブログ界でも有名な野村タケオ氏です。

ワシもそうですが、昔から「クラブは90切るまで何を使っても同じ!練習せい!」と言われています。確かにクラブだけ頻繁に替え講釈が多いわりに実力が伴わない者には真実だと思いますな。

ただ、あまりにも最近のクラブの進化に無関心で苦労されてる人には、クラブのことを勉強することが大事なのも事実。そこで以前の職人かたぎの工房オヤジ風から「クラブコーディネーター」という名称も生まれてきた。

まっアベ80台になったら自分のスイングと合うクラブとの相性も段々分ってきます。

アウト→イン系はデカヘッド、イン→アウト系はオープンフェイス、厚いフェースは上から入る人向きということで、あくまでクラブは「ヘッドの機能がクラブ性能の80%決める」という著者は、まず自分に合うヘッドを決めて、シャフト(リシャフト)を決めることを説いています。

著者のいう「死なないドラーバー」とは=「やさしい(扱いやすい)ドライバー」であり、「死なない」の意味は100点のスーパーショットが出なくても60点ぐらいに収まる致命的なミスが出ないクラブということですな。

まっ大事なのは、14本のクラブの役割とバランス、そして飛距離の階段ですな。。

14本の中で、弱点をカバーする基本的に200y前後と小技エリアだな。

前の方に書いたけど、ワシのセッティングはウッドが1・3・5・7、アイアンが5~P、ウェッジがAWが48°・52°の2本と56°のSW。

以前は試行錯誤してロングアイアンやユーティリティを入れたり、チッパーを入れたりしてしていたが、なかなかお金がなくバラバラに買ったりしてバランスの違いがあって難しい。

現状でもやはりFW&ユーティリティとウェッジの部分で少し不満足ですな。しかし金がない。(笑)

毎年毎年クラブメーカーがニューモデルを出すから自分と合うクラブに出会えるのは運のようなものだし、合うクラブでも数年経てば体の変化で合わなくなったり、まっクラブは失敗を繰り返しながらお金を使わないとわからん世界ですな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)