今日も休日出勤。

ブログ書いてて仕事してねえじゃん?ってご指摘には、只今息抜きっていう答えです。(笑)


現在の桜情報。
桜4.4

仕事が終わったら今日ぐらいは練習したいと思っているわけなんだが・・・・
で、夜には今夜から始まる遼くんの番組を観る予定。



え~、先日パーゴルフに紹介してあったゴルフ映画でまだ未見だったもののゴルフ映画評。
そのへんは「今週号のパーゴルフに「ゴルフ映画」コーナーが!! 」をご参照。


「俺たちヒップホップゴルファー」
ヒップホップ

<内容紹介>
「人気ヒップホップデュオ「アウトキャスト」のビッグ・ボーイが主演するコメディ。売れっ子ラッパーのクリストファー・“Cノート”・ホーキンスは、音楽レーベル「キラー・インク」を設立し、大成功を収める。ホーキンスは、家の近くにある由緒正しい名門カントリー・クラブ「キャロライナ・パインズ」の会員権を得ようとクラブを訪れるが、そこは若い黒人ラッパーが簡単に入会できるようなクラブではなく、すったもんだの末、クラブ代表者とゴルフで決着をつけることになった。」

え~、これは2007年の作品で原題「Who's Your Caddy?」。

日本では劇場未公開でTSUTAYA独占レンタル。TUTAYAワケありDVDシリーズの1作。
TUTAYAは劇場未公開の作品からセレクトしてDVD化しているんだな。


感想は、人気ヒップホップデュオ「アウトキャスト」のビッグ・ボーイが主演ということで映画の中ではヒップホップの曲がガンガン流れています。

ストーリー的には排他差別的な名門コースに、このコースでキャディをしていた父の名誉を回復するために、このコースに不釣合いなラッパーである主人公が入会して巻き起こるドタバタコメディ。

恋愛ありーの、家族愛ありーの、ゴルフシーンありーのということで、分類からすれば紛れもないゴルフ映画ですな。

このコースの全景はなかなか良い名門コースですが、パットのシーンでのグリーンはあまり良くないので別のコースで撮ったと思います。

で、最後にダブルス戦で決着をつけるのですが、敵役の会長の助っ人で登場するのがなんと「イェスパー・パーネビック」ということで少しはゴルフ的な見せ場要素もありますな。

まっ、アメリカらしい陽気なゴルフ映画ってことでしたな。
ヒップホップ好きな人にはよろしいのでないかと?(笑)



弁護士役の女優が吉本新喜劇の「未知やすえ」にそっくりだと思うのはワシだけ?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)