腰痛も治ったし来週日曜日のコンペに向けて18日ぶりにゴルフ練習へ。

まっ当たりが薄いが仕方ない。
アイアン中心に140球。久々にゴルフの練習をすればやはり気持ちが良いな。



ゴルフ本とするかゴルフコミックとするか迷ったが、やっぱりレッスンコミック(マンガ)なので、ゴルフコミック評として書きます。

トミー中嶋
中嶋常幸の真剣ゴルフ塾 (GAKKEN SPORTS BOOKS パーゴルフレッスンブック)

学研パブリッシング 2010年4月 作:中嶋常幸 画:いけうち・誠一
学研スポーツムックゴルフシリーズ「中嶋常幸の真剣ゴルフ塾」 価格580円(税込) A4変型

<内容紹介>
「あのレッスンコミックの名コンビ、ついに復活!!

60ヤードショットを軸とした中嶋常幸流のスイング理論を、いけうち誠一のレッスンコミックでわかりやすく解説。アマチュアゴルファーが、笑いながらスイングが学べる一冊だ。かつて一世を風靡した黄金のレッスンコミックコンビ復活の書でもある。」

【著者プロフィール】
中嶋常幸(なかじま・つねゆき)
1954年群馬県生まれ。10歳からゴルフをはじめ、73年に日本アマ優勝。75年プロ入り。以後レギュラーツアー59勝。賞金王4回。06年には日本プロシニアを制して、日本タイトル8冠の金字塔を樹立した。


ご存知週刊パーゴルフ連載の「中嶋常幸の真剣ゴルフ塾」2008年10月21日号~2009年5月5日号掲載分をムック化した本ですな。

週刊パーゴルフはこういうコミックを出すのが遅かった。
新書ではゴルフダイジェスト社に、そしてムックではアルバトロス・ビューに遅れをとってやっと出版した感じですな。

これはゴルフコミック界の巨匠いけうち誠一氏ですから安心できますな。
いけうち氏特有のギャグを交えながら世界の中嶋プロのゴルフ理論をわかりやすく描いた本です。

まず巻頭に中嶋プロの特別カラーレッスンがあり、中嶋プロの基本の60yのウェッジショットの解説から、股関節の動きの解説をし下半身主導のスイングやスイングイメージ、中嶋流練習法とかを教えてくれます。 

A4版で大きく見やすくわかりやすいゴルフレッスンコミックです。

ワシも初心からやり直そうとしているので参考にしてます。

このブログでもいけうち誠一氏のコミック評を何度も書いてきましたが、説教くさくなった「ゴルフは気持ち(メンタル)」や、もはや自己満足マンガになった「Golf (ゴルフ) コミック」連載の「スウィング!」に比べ、このゴルフレッスンコミックは真面目で少しギャグが入る氏の画風が良く出て良いゴルフコミックだと思います。

ただ何度も書くようですが、いけうち誠一氏のマンガは何度も書くようですが、ゴルフギャグコミック(マンガ)がベストです。

このブログでは今までに「ゴルフ気持ち(メンタル)」「ゴルフ・人生」「新ゴルフ・人生」のコミック評を書いてます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)