あ~あ、今週の土日も休日出勤。


ワシのブログの書き方はほとんどが下書き。
時間があるときにちょこちょこ書いていてタイミングを見て投稿。

だからずっと前に下書きしたまま、アップする気をなくし、
そのままボツになる記事もたまにあります。

でなきゃ、こんなに長文書けないでしょう。(笑)




え~久々に連載中のゴルフコミック評。

かさねの道 運命の出会い編 (マンサンコミックス)かさねの道 運命の出会い編 (マンサンコミックス)
(2010/01/29)
かわさき 健

商品詳細を見る

原作/かわさき健・画/今谷鉄柱 週刊漫画サンデー連載中

この本の作者かわさき健氏は、
「Ring! りん!」「花?の高校女子ゴルフ部 「漫画レッスン宮里道場」、
「雑木荘」などの原作を手掛けられており今一番の人気ゴルフコミック原作者と言って過言ではない。

ある親切な方からの情報では、かわさき健氏は
あの「巨人の星」の川崎のぼるさんの息子さんであり、元ゴルフ研修生らしい。

この研修生の経験がこの「かさねの道」や
「雑木荘」「Ring! りん!」に活きているわけだ。

この掲載誌は週刊漫画サンデーという大人のゴルフコミック誌なんで、
あんまり目に触れることはないかもしれない。

第1巻のあらすじは、
「高校を中退し、家業のオンボロゴルフ練習場で働く15歳の日々野かさねは、
ある日練習場を訪れたプロゴルフ界のNo.1プレイヤー・ジャンボ男崎と出会う。
そのスイングを見て少女の可能性に目を奪われた男崎に、
プロゴルファーを目指すよう勧められたかさねは、一億円稼ぐプレイヤー
となり貧乏を脱出するため伊豆・石廊崎CCの新人研修生となる。」

で、現在連載は女の子ながら男子の1stQT挑戦中。

ジャンボ男埼というキャラ&ネーミングには笑えますね。
黄金のラフのマイト竿崎といいジャンボ尾崎は漫画に描きやすいのだな。


感想は女の子ながらトップの高さと背筋力で男子顔負けのショットでプロを目指す
このストーリーは研修生出身の作家らしくプロを目指すゴルファー達の生き方
と技術が詳しく描かれていて面白いですな。

まあまあ期待というべきゴルフコミックですかね?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)