土曜の夜から今朝まで久々の大雪でした。

ワシはまだ足元が危ういので、滑らぬように「下を向いて歩こう」の世界です。



え~今までこのゴルフコミックカテゴリーで色々ゴルフコミックを取り上げ、
その中で作家先生達に対して感想を述べてきた。

それは、
「拝啓 いけうち誠一先生」と、
「いつまでも書いてんじゃねえよ漫画NO.1「風の大地」とかざま鋭二先生」
「もとみやあゆみと本宮ひろ志」



でも、そういえば一番大事な人のことを書くことを忘れてたな。

天才コミック原作者「小池一夫先生」のこと。

う~む、そういえば
小池一夫先生のお名前を最近お見かけしないが、体調悪いのでしょうか?


ワシはよく考えれば、コミックで一番影響を受けたのは先生の作品だな。



小池先生のゴルフコミックを年代順に羅列してみると、
(リンク張っているのがワシのコミック評)


1980年の初の本格的ゴルフコミック「紅い芝生」から始まり、
1984年からの連載「上ってなンボ!シリーズ」と続き、
ゴルフコミック界での功績は前人未踏で非常に大です。


ほんと書き出してみると色々あります。
後半は自分の会社アルバ掲載が多いですが、


1980年
「紅い芝生(グリーン)(弘兼憲史)」

紅い芝生

1984年
「キンゾーの上ってなンボ!!(叶精作)」

キンゾー1

1985年
「明日カップ・イン(木村えいじ)」 
          *読んでいるが読み返せていないので未紹介

1986年
「小池一夫のシビ・ゴルフ(芳谷圭児)」 
          *読んでいるが読み返せていないので未紹介

1987年
「新上ってなンボ!!太一よ泣くな(叶精作)」

新・上ってなンボ太一よ泣くな 25 (劇画キングシリーズ)新・上ってなンボ太一よ泣くな 25 (劇画キングシリーズ)
(2000/05)
小池 一夫

商品詳細を見る


「クロマティ・ハラショー(篠田アキヒロ)」 
           *読んでいるが読み返せていないので未紹介

「小池一夫の至美ゴルフ(芳谷圭児/やまさき拓味)」 
           *読んでいるが読み返せていないので未紹介

1989年
「至美ゴルフインテリジェンス(芳谷圭児)」 
           *読んでいるが読み返せていないので未紹介

1998年
「飛ばしてなンボ!!猛がチャージ(平野仁)」

飛ばして

2000年
「勝ってなンボ!! ぶっちぎり(長澤克泰)」 
          *記憶なし。コミックを読めば思い出すかも?アルバコミック
           後日読みました。ワシの書評。

2002年
「グリーンジャケット(長沢克泰)」 
          *記憶なし。コミックを読めば思い出すかも?
           アルバ別冊

「兎の玉三郎(大島やすいち)」

usagi


2004年
「新々上ってなンボ!!太一よ泣くな(叶精作)」

新々上ってなンボ!!太一よ泣くな 第12巻 (キングシリーズ)新々上ってなンボ!!太一よ泣くな 第12巻 (キングシリーズ)
(2009/12/21)
小池 一夫

商品詳細を見る


ゴルフ以外では歴史物が多いが非常に面白く読ませてもらっていて
記憶に残っている作品は以下の通りです。

ほんと天才です!!

コミック界の大巨人です!


ワシはかなり影響されましたな。以下はお気に入り作品です。
(赤色の作品は特にお気に入り


子連れ狼(小島剛夕)
御用牙(神田たけ志)
修羅雪姫(上村一夫)
首斬り朝(小島剛夕)
I・飢男(アイウエオボーイ)(池上遼一/松久鷹人)
下苅り半次郎(神江里見)
青春の尻尾(平野仁)
少年の町ZF(平野仁)
実験人形ダミーオスカー(叶精作)
弐十手物語(神江里見)
マギー’S犬(叶精作)
半蔵の門(小島剛夕)
魔物語愛しのベティ(叶精作)
乾いて候(小島剛夕)
傷追い人(池上遼一

将軍のボディーガード(伊賀和洋)
ノストラダムス愛伝説(やまさき拓味)
デュエット(井上紀良)
アクションシルクロード孫悟空(小島剛夕)
マッド★ブル34(井上紀良)
BROTHERS(叶精作)
クライングフリーマン(池上遼一)
オークション・ハウス(叶精作)
花縄(森秀樹)

新・子連れ狼(森秀樹)




昔からの大ファンでこれらコミックは何度も読み返していてたから、
タイトル見ただけで懐かしい。

ただ2003年以降はあまり記憶に残る作品はないなぁ。

そういえばゴルフ作家の3人を書いたら、
有名な坂田大先生や高橋三千綱さんが抜けているのを忘れてた。


今度書かなきゃな。


なんて思っていたら、小池一夫公式ブログを拝見すると小池先生ご健在な様子でした。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)