昨夜の仕事のためイヤイヤながら観る映画は苦痛でした。特に深夜。

週末になったのでやっと落ち着いて趣味の映画が観られそうなのでホットしてます。

さて、明日は練習日。
3ヶ月ぶりにドライバーを打ってみようかな?





このブログは以前書いたものを修正して少しずつ集約し、新しいものと混ぜながら書いていってます。
ということで今日のゴルフコミックは「あした天気になあれ」

あした天気になあれ―アシスタントプロトーナメント編 (1) あした天気になあれ―アシスタントプロトーナメント編 (1)
ちば てつや (2000/06)
ホーム社

この商品の詳細を見る


でも、知らんかったな。アシスタントプロトーナメント編があったことを。(汗)

少年マガジンに1981年~連載だから26年前か?少年ゴルフコミックのはしりですな。お金持ち専門だったゴルフが段々と一般人に身近になって来た時代に生まれた長編コミック。

しかし、今から考えると主人公の向太陽は生意気でイヤなゴルファーだな。

まず、騒がしくて無駄口が多く、スロープレーヤーであり、落ち着きなく、喜怒哀楽が多すぎて、またルール違反もあり、同伴者としてもゴルファーとしても褒められたものではない。

そして、プロ入り初出場で初優勝、そしてとんとん拍子で全英オープン出場。
沖田真っ青。17歳で全英オープン制覇&チップイン率が異常に高い 。

ただ、高値の花のゴルフを子供たちに興味を持たせて、あの有名な「チャー・シュー・メ~ン」という掛け声を流行らせた功績は大ですな。

そして今読んでも面白い。さすがちばてつや。

しかし、誤解されてるようだが、「チャー・シュー・メン」じゃなく「チャー・シュー・メ~ン」ですから。以前このリズムの生みの親である百瀬プロが雑誌で念を押してましたな。

そしてこのコミックのもう一つの伝説が、向太陽のモデルが丸山茂樹ではないか?ということ。

確かに少年時代の丸ちゃんと体型・実力・雰囲気が似ていているが、連載開始当時丸ちゃんは小6で歴2年ぐらい。

たぶん丸ちゃんがモデルではないが、その後の長年の連載の中で天才丸ちゃんのことはちばてつや氏も意識していて、若干なりとも影響はあったものと推察したい。 

余談ながら「チャー・シュー・メ~ン」というタイミングの取り方の類似語として、映画音楽から「♪ム~ン・リ~バ~」と「ホ~ホケキョ~」とか「自分の名前」とか多種多様ありますな。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: マスターズ編まだあ?

え~意味わからんのですが・・・・

「あした天気になあれ」にはマスターズ編ないし。。。o( ̄ー ̄;)ゞううむ

URL | dell92 ID:-

マスターズ編まだあ?

はいっちゃったあ~(笑)

URL | 魚紳さん ID:b.3ipfZg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)