今日は3ヶ月ぶりにキャディバッグにフルセットを入れて練習に。

冬はラウンドしないことに決めているし、今までもっぱら練習していたのはアプローチ中心。

今日もウェッジを180球、そして3ヶ月ぶりの1W・3W・5W・6iを60球の計240球。しかし、笑えるほどウッド類が当たらん。

13日の今年初ラウンドは85以下を目標にしていたが怪しい。(笑)




おすぎの映画評を読んで観た映画「トーマス・クラウン アフェアー」

意外にもゴルフシーンがあったので「ゴルフな映画」に認定!(笑)

トーマス・クラウン アフェアー トーマス・クラウン アフェアー
ピアース・ブロスナン (2000/10/27)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


1968年のスティーヴ・マックィーンとフェイ・ダナウェイ主演でヒットした「華麗なる賭け」のリメイクで、主演は007のピアース・ブロスナンとレネ・ルッソ。

いやぁ~「華麗なる賭け」のリメイクと知ってるから安心して観れたけど、これも非常にオシャレで楽しめた映画でしたな。
結末もわかっちゃうけどなんか気持ちの良い恋愛娯楽作品でした。
豪華でリッチでオシャレなとこが、いかにもという感じでオカマのおすぎの好きそうな映画ですな。

前作でヒットした名曲「風のささやき」をさりげなく各所でアレンジを変えて流しているのも前作を知ってる者には懐かしいですな。

しかし、気に食わないのは「フェイ・ダナウェイ」。
前作であんなにオシャレで都会的な素敵な女性だったのに、この映画では60歳前の年取った姿を見せていますが、あの役本当にこの映画で必要だったのか疑問だな。

そして肝心のゴルフなシーンだが、ブロスナンがバンカーショットをしてピッタリピンにつけて、もう1回出来たらって言って10万ドルって賭けてましたな。スウィングはあんまり良くなかったな。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)