さっきサッカー日本代表vsJリーグ選抜の復興支援チャリティーマッチを見ていたら、いい大人のモバゲーの新展開を予告するCMが流れていた。

で、ロゴが変わっているし、せんだみつおが出る?なんてことを予告していた。
調べたら、以下のように昨日から「Mobage」になっているらしかった。

震災でだいぶ放送スケジュールが狂ったみたいだけど、
やはり「いい大人の、モバゲーCM」の
第13話「バッティングセンター篇」はやはり短命でしたね。


「DeNAは「モバゲータウン」を3月28日から「Mobage」に変更、サービスロゴも一新する。海外もMobageに統一、ソーシャルゲームプラットフォームのトップ企業を目指す。」

「ディー・エヌ・エー(DeNA)は2月14日、「モバゲータウン」のサービス名を3月28日から「Mobage」(モバゲー)に変更し、サービスロゴを一新すると発表した。国内外のサービスブランドを統一し、世界展開するソーシャルゲームプラットフォームのトップ企業としての地位確立を目指すとしている。」
  mobage

 国内のモバゲータウン、11月に買収した米ngmocoが運営するゲームコミュニティープラットフォーム「plus+Network」をそれぞれMobageに変更。一新する共通ロゴで世界展開を図っていく。

 ロゴには「世界を、そして未来を見つめる目」をあしらい、「おたがいに顔が見えないバーチャルコミュニティの世界でも、ユーザ同士が楽しくコミュニケーションしてほしい」という意味を込めた。文字色にブルーを採用したのは「世界中をボーダレスにつなぐ空や海の色であり、グローバルに通用する信頼感を表現する色」と説明している。


いい大人の、モバゲーCMの最初からのウオッチャーとしては、
こんなことまで知っておかないといけないのだ。(笑)





と書いていたらこれ以降もこの新展開告知CMを3~4回見たが、
せんだみつおやダンディ坂野なんかじゃなくて、
ちょっとした女の子の新登場を予告してましたね。

なかなか手がこんでいるけど、この時期どうなんだろうね。

ただモバゲーの方も震災対策を考えていて、
「モバゲー」運営会社、被災者50人以上雇用へ
「ゲームサイト運営会社「ディー・エヌ・エー」(DeNA)は29日、東日本大震災の被災者を対象に、50人から100人をめどに契約社員として雇用すると発表した。まず4月に、新潟市内の避難所から通勤できる事業所で20人を採用する。」とのこと。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)