このブログのコンテンツのうちゴルフ本書評はなんとか細々続いているが、
ゴルフ映画評とゴルフコミック評はなかなかネタが少なくて進まないな。


そんななかでメジャーなゴルフコミックはほとんど書き尽くしたので、
どうしても書くとすれば通好みのゴルフコミックになるな。(笑)


え~、このブログには漫画家高橋功一郎さんがたまに訪問される。

たぶん、自分で言うのもおこがましいが
このブログが、ネットで一番のゴルフコミック評ブログになっているので、
アルバ連載中の原作/高橋三千綱・画/高橋功一郎「光る風」の評判を気にしてるのだろうと思われる。

しかし、ワシの評価は単行本が出てからとは思ってはいるが、
大御所高橋三千綱氏の原作ながら「光る風」の評判はそれほど芳しくない気がする。

まず第一に同じ「光る風」のタイトルで山上たつひこの有名な作品があり、
そして、、、、まっワシは入院したりして途中が読めていないので言えないが。


そこで、せめて高橋功一郎さんのもう一つのゴルフコミック「Bite!」の評を
取り上げようと思ってはいたのだが、漫画喫茶やレンタル等でも
なかなか見つからなくて結局amazonで買って評を書くことにした。


Bite! (1)  グリーンを狙え (角川コミックス・エース 225-1)Bite! (1) グリーンを狙え (角川コミックス・エース 225-1)
(2009/01/05)
高橋 功一郎

商品詳細を見る
Bite! (2) グリーンを狙え! (角川コミックス・エース 225-2)Bite! (2) グリーンを狙え! (角川コミックス・エース 225-2)
(2009/03/05)
高橋 功一郎

商品詳細を見る

角川グループパブリッシング刊 2009年1月・3月

<内容紹介>
「埼京大学の弱小ゴルフ部に所属する飛田と沖野。沖野は飛田に誘われるがまま入部した、ゴルフに興味のないオタク少年。キャプテンの小鴨、小柄なひばりと、個性的な4人が織り成す青春ドタバタゴルフコミック! 」
「埼京大学の弱小ゴルフ部に所属する飛田と沖野、小柄なコスプレ女子・青山ひばりと豊満ボディの小鴨の4人が、ひばりの妹・つばめとゴルフ人生をかけた大勝負に。」

「コミックチャージ誌」 2008年14号~2009年第3号掲載。

これは角川書店のコミックチャージ誌(2007年3月創刊~2009年1月廃刊)
に連載されていた作品なんだけど、ワシはこの雑誌は全然記憶にないなぁ。

ネットで検索しても感想なんかは少ないし、角川書店といえども雑誌そのものが知名度なかったな。

その前にタイトルの「Bite(バイト)」の意味はタイガーがよく使い、
また日本のアメリカかぶれのプロもよく使っていますが、
直訳の噛めから「グリーンに噛みつけ!」「止まれ!」って意味。

主人公はオタクながらパッティングだけ天才、
そこにメイドコスプレで萌え&Sの女の子にからみ、そして巨乳、
ジャンボもどきの父親も出たりとよくあるパターンですが、

ストーリーには○蜜柑・良太というスタッフ協力もあり、
同じような範疇のゴルフコミックである
「へ~ん○しん!!~そなたバーディ・ラッシュ~」よりは内容も本格的だし、
熱いシーンもあり、まずまずのキャラとタッチでストーリーが進んでいたが、
突然のこの雑誌「コミックチャージ誌」の廃刊のため中途半端で終了。

まっ、雑誌によくある話だが、それでも単行本が出ただけいいか?

画のタッチはうまいほうだし、もう少し続きが見たかった気もするゴルフ漫画ですな。



え~高橋功一郎さん!

ワシはおべんちゃらは書かない主義なんで、こんな感想でいかがでしょうか?(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)