平成23年4月~5月に読んだゴルフ本の書評のまとめ。

本来なら3カ月ごとにまとめることにしていたが、2か月で18冊になったので書きます。

ゴルフ本の書評まとめ(平成23年1月~3月期)が22冊で1月~5カ月で計40冊!
まぁよく読んで書いたものだ。(仕事でもねぇし金にもならんのに)


そして今後来月以降ですが眼の調子が良くないので書評はスローペースになります。
(特に文庫本を読むのが辛くなってきました。オッサンですな。笑)

 評価        書名     作者
「理想のゴルファー」ハロルド ショーンバーグ他
★★★「ウォルター・ヘーゲン物語―ヘイグ自ら語った反骨の生涯」ウォルター・ヘーゲン
★★ 「頭がいいゴルファー悪いゴルファー」ライフエキスパート
★★★「非力のゴルフ」
橘田 規、高松 志門
★★★「ロープ ― “隔て”から“絆”へ 夫・中嶋常幸復活の軌跡」中島律子
★★★ 「パターが面白いようにはいる本―必ずスコアがアップするGOLF術」
ライフエキスパート
「あの一打」  勝負を決めたあの一打は、まるで人生のように熱く、激しく、重かった高橋三千綱
★★★「超一流ゴルファーに学ぶスランプからの脱出法」ジミー ロバーツ
★★「華麗すぎるゴルフ見栄講座 ― 口とカッコだけならシングルプレーヤー」本條強
★★「気分はいつもシングル」小鷹信光
★★「フォロー・ザ・ウインドー もし、あのときのショットを打ち直せたら」ボー リンクス 
★★★★「クォンタム・ゴルフ―究極のゴルフ上達術」シェール イエンハーゲル
★★★「知的シングルになるためのゴルフ語源辞典」田代靖尚
★★★「今のスイングでいい自分のゴルフを信じなさい」ボブ ロテラ
★★「ゴルフ簡単じゃないか」わたせ せいぞう
★★★★「ミスター・ダブルボギーに神のお恵みを」 山際 淳司
「猫はゴルフなんかしない」リンダ コナー他
「バンカーの中に89年」フレッド・ベック




この中で良かった作品をあげると、

ゴルフ小説では故山際淳司氏
ミスター・ダブルボギーに神のお恵みを (小学館文庫)ミスター・ダブルボギーに神のお恵みを (小学館文庫)
(1999/05)
山際 淳司

商品詳細を見る
ワシのこのゴルフ本の書評はこちら。


そしてゴルフメンタル本では、
シェール・イエンハーゲルの古典でもある

クォンタム・ゴルフ―究極のゴルフ上達術クォンタム・ゴルフ―究極のゴルフ上達術
(2004/04)
シェール イエンハーゲル

商品詳細を見る
ワシのこのゴルフ本の書評はこちら。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちわー


こんばんわ~

ゴルフのQ&Aサイトを運営しています。
ここのブログの内容は凄く勉強になりました。

ありがとうございました。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)