11日の会社お盆恒例ゴルフコンペに備え、仕事帰りに20時からゴルフ練習へ。

やはり怪我の影響で下半身が固くなっていて最初はトップばっか。(笑)


昨年はこの日にゴルフしないで仕事していたために事故で両足骨折約4カ月入院。
笑いながら「アホ!ゴルフしてればよかったのに!」という声を数多くもらったな。(笑)

そして一昨年は幹事ながら仕事で直前キャンセル。あんまりこのコンペは縁がないな。


コースの真庭カンツリークラブのスコア変遷4年間は以下の通りで、
かなり安定していたのだが、2009年ころから身体の不調が出始めて急降下中。


2007年 8月 81(32P)、 9月 79(34P)、 12月 83(33P) 
2008年 8月 82(33P) 
2009年 5月 82(32P)、10月 88 (40P)  *すべてコンペ

まっ最近は身体の体調を考えると90前後で良しとしているから別にかまわんが。



GSコミックスというマイナーなゴルフコミックですが、
コミックゴルフ史をまとめたら読んでなかったのでamazonで買って読んだコミック評。

ハレンチゴルファー十べえ (GSコミックス)ハレンチゴルファー十べえ (GSコミックス)
(2005/03/26)
永井 豪

商品詳細を見る


<内容>
「あのハレンチ学園がゴルフ漫画で戻ってきた。十べえが、山岸が、そしてヒゲゴジラ、丸ゴシ、パラソル先生等々、総出演。おまけにけっこう仮面のおねえさまやら、懐かしい永井豪キャラが所狭しと大活躍。やっぱり十べえはゴルフも強いのよ~。」

これは永井豪が週刊パーゴルフ別冊「コミックビックゴルフ」 2003~04年に
盟友石川賢のゴルフコミック「超護流符伝ハルカ」とともに連載していたコミックです。

永井豪は「週刊少年ジャンプ」(1968年11号から1972年41号)にて「ハレンチ学園」を連載。

これは当時流行の「スカートめくり」のきっかけにもなった漫画で、
社会問題にもなった記念碑的な作品で、その後「デビルマン」や「マジンガ―Z」のヒットを飛ばしていく。

で、この本には「ハレンチ学園」と「あばしり一家」と「けっこう仮面」や
「ゲッターロボ」・「デビルマン」のシレーヌもどきなど永井キャラが総登場して、
ドタバタで少しエッチなギャグゴルフコミックが進んでいきますな。

ハレンチゴルファー

しかし「ハレンチ学園」掲載当時から35年以上経ち、
その当時の少年がこのゴルフコミック出版時にはもう45歳以上になっていて
その層をターゲットとしていたが、その層はもうコミックは買わない層になっていたわけだ。

まっ、新ゴルフコミック誌発刊で永井豪と石川賢を目玉にしたのでしょうが、
少し笑わせてくれますが、かつての少年(今のオッサン)は動かずというところでしょうか?

懐かしいけど、世相やセンスが変わったということですか?

最後に月刊コミックバンバン増刊「コミックBIGゴルフ」掲載「ピンクのグリーン」2編掲載。

うむ、1巻じゃ評価ができないな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)