明日は休日で台風なのだが会社の創立記念日。

台風で朝からあったGMは中止になり夕方から懇親会のみ開催。
しかしワシはお酒は飲まない予定です。(笑)



え~また堅い話ですが、ゴルフ本の書評まとめ(平成23年6~8月期)
平成23年6月~8月に読んだゴルフ本の書評のまとめです。

この時期は目の調子が悪くて少しペースが落ちましたな。

  評価
        書名      作者
「ゴルフ帝国の陰謀篇 (疾れ!逆ハンぐれん隊)」五木寛之
★★★「中部銀次郎のゴルフ哲学」三好徹
★★「エロマンガ島の三人 」長嶋有
★★★「寝ても覚めても本の虫」児玉清
★★ 「生きがいはゴルフだけ―ゴルフ史に埋もれた怪事件」 ブルース・ナッシュ、アラン・ズーロ 
★★★「わかったと思うな―中部銀次郎ラストメッセージ」中部銀次郎(想い出の書)
★★★★『ゴルフの「奥の手」―名言のホールインワン』 夏坂健(想い出の書)
★★★ 「田原紘のハンディ18のグリーンブック」田原紘(想い出の書)
★★「全英オープン殺人事件」キース・マイルズ
★★★「エグゼクティブのための 正しいゴルフの習い方」ラリー・ネルソン、伊藤 守
★★★ 「ゴルフが突然うまくなる魔法の名言」ライフ・エキスパート
★★★ 「渾身、これ一徹」坂田 信弘、斎藤 孝
★★★ 「アプローチがピタッと寄る本」ライフ・エキスパート
★★ 『池田勇太を劇的に変身させた「ゆりかご打法」』勝山 尚樹
★★★★「80を切る!クリカンのゴルフ特訓ノート」栗田 貫一、新井 真一
★★ 「社長になる人はなぜゴルフがうまいのか?」西田文郎




この3ヶ月のゴルフ本の中では、あまり読まない技術的な本だけど、
「80を切る! クリカンのゴルフ特訓ノート―40歳を過ぎてもシングルになれる」が一番おススメだな。

80を切る! クリカンのゴルフ特訓ノート―40歳を過ぎてもシングルになれる (日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 グリーン く 3-1)80を切る! クリカンのゴルフ特訓ノート―40歳を過ぎてもシングルになれる (日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 グリーン く 3-1)
(2010/12/02)
栗田 貫一、新井 真一 他

商品詳細を見る

<内容>
『芸能界随一といわれるゴルファーも40歳を境に力強い振りができなくなった。理論派の新井プロと二人三脚で、一生シングルとしてゴルフを楽しめる“自然体スイング”を手に入れるまでのマル秘特訓を大公開。』

この本の書評はこちらに書いたが、よくあるヘタが努力して上手くなった本ではなく、
以前は上手かったのに加齢よる身体の変化によってゴルフがボロボロになったところからの復活の本です。

この本はベテランのおじさまには良い本だと思います。
が、ただ唯一の欠点が、これを実践しようと思えば時間がかかることですな。



それと、読むゴルフの楽しさを知る本としてこちらをオススめします。
ゴルフの「奥の手」―名言のホールインワン (PHP文庫)ゴルフの「奥の手」―名言のホールインワン (PHP文庫)
(1998/05)
夏坂 健

商品詳細を見る


本を読む習慣がない人でもゴルファーたちの名言を夏坂健流に書いた本なので、
読みやすくて面白くゴルフのスコアアップにも繋がります。

私はこの本で夏坂健さんから読むゴルフの楽しさを教えてもらいました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)