今日土曜は休みだけど、明日日曜日は休日出勤。

まだゴルフ練習する気にならない。(笑)


今年4月にyahooのスYahooスポーツヘッドラインニュースで、
このブログが紹介されてメチャクチャアクセスが増えたことがあった。

<今シーズン長尺パターがにわかに注目を集めている。アダム・スコット(オーストラリア)も長尺パターを使用して「マスターズ」で2位タイフィニッシュ。世界ランキング1位に返り咲いたリー・ウェストウッド(イングランド)も、長めのパターを時折使用している。さらに、かつては「長尺パターは禁止されるべき」と発言していたアーニー・エルス(南アフリカ)も、「ザ・ヘリテイジ」で長尺のベリーパターを使用していた。>

こんな記事の下に「長尺パターと賛否や利点・欠点」としてこのブログが紹介されたわけだ。
              
yahoo news

さすがyahooの力です、半日でPV5,000を超えた。
一素人のブログがyahooのスポーツで参考サイトとして紹介された画期的なこと。(笑)



そして先日の8月23日には「USA Today」ゴルフ情報ALBA.Net に
「米ツアーで流行する長尺パターはアリ?ナシ?」という記事が出ていた。

<FedExカッププレーオフ4試合の初戦、「ザ・バークレイズ」が今週スタートするが、先週の米国男子ツアーレギュラートーナメント最終戦、「ウィンダム選手権」で優勝したウェブ・シンプソン(米国)は愛用のベリーパターを携えて参戦している。

 先週シンプソンが中尺のベリーパターを使用して優勝し、米ツアーはここ3週間長いパターを使用する選手が優勝していることになる。「WGC-ブリヂストン招待」はアダム・スコット(オーストラリア)が長尺パターを使用して優勝、メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」ではキーガン・ブラッドリー(米国)が中尺のベリーパターを使用して勝っている。

 長いパターが流行の兆しを見せる中で、数10年も前から行われてきた長尺パターを使用することに関する議論が再燃しつつある。長尺パターはパターのグリップエンドを腹(ベリー)、胸、アゴに固定することにより、理想的なストロークがよりやさしく出来る上に、標準的なパターで起こりがちだったリストの動きなどを予防できる。このことから、以前から使用に異を唱える選手や関係者も多かった。

 しかし、使用に関する議論がなされることに選手達は一様に否定的な意見だ。

 シンプソンは「(使用制限の可能性について)それはクレージーだ。それがもしそんなにやさしいのなら、どうして皆使わないんだ?自分はロングやベリーパターは依然マイノリティだと思っている」とコメント。ルーク・ドナルド(イングランド)は「(長尺パターは)もっと流行るだろうし、多くの人が使うようになるだろう。でも(長尺パターを使った)優勝者数が増えるかどうかはわからない。確かに最初の中尺パターによるメジャー優勝者は出たが、他のメジャーはショートパター(を使った選手)が勝っている」と語り、長尺パターを使うことで公平性を欠くとは感じていないようだ。

 用具ルールを管理するUSGAのエグゼクティブディレクター、マイク・デイビス氏は、「ロングパターに対する論争はこの10年間続いており、USGAもR&Aも引き続き状況を観察している」とコメント。今回の長尺パターブームが新たなルール改正の引き金となるのか注目したい。>


がしかし、長尺を3本、中尺を2本使った経験のあるワシから見るとこれは長尺じゃなくて中尺だって!!

ワシの考えによると「38~42インチが中尺パター(ベリーパター)」、
「45~51インチぐらいが長尺パター(ロングパター)」が大まかな定義だって!

支点も中尺は腹、長尺は胸(アゴ)と違う。

上に書いてたウェストウッドとエルスもほとんど重要な試合では
ウェストウッドは普通のピン、エルスも現在元のノーマルに戻しているって!

実際長尺パター使用して結果をだしたのは、WGCシリーズで優勝したアダム・スコットだけです。(笑)

アダム・スコット

アダム・スコット2

長尺パター使用者の星であるアダム・スコットの使用パターは
スコッティー・キャメロンのスタジオ・セレクトコンビ・マレットLONGプロトのセンターシャフト



しかし、ほんとうに長尺パターがブーム?

ワシは懐疑的だな。長尺と中尺は違います。
中尺から長尺に転換するのは少し壁があるよ。

だから長尺パターブームではなく「長いパターブーム」という表現が正しいと思うな。




スタジオ・セレクト・コンビは、ワシもこれは長尺ではなくノーマルを買っていたが、
硬くて転がりが良すぎてラウンド2回で手放した。アルミニウムの感触が合わなかった。


ただ、今回調べていて気付いたのが、「ゴルフ規約」を読むと

「クラブの全長は18インチ(0.457メートル)以上でなければならず、
パターを除いては48インチ(1.219メートル)を超えてはならない。」
とあり、
クラブと同じように48インチ以下でなくても良いらしい。

確かに190cm近い外人じゃ50インチ以上でなければ短すぎるかもな。


ついでにネットで検索していて見つけた長尺パターの打ち方があったので紹介。

日経ゴルフガイド 26.長尺パターを使いこなすポイントは「右手の使い方」
日経長尺

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

長尺はルール違反ではないです。

ただ今後ルール改正があった場合、
たとえば48インチ以内と長さの制限がありそうな気がします。

プロは商売だし、今までのゴルフ観を180度変えて
長尺パターを使わないと生き残れないので仕方ないです。

長尺パターのメリットはたくさんありますが、
一番のメリットは最後の究極のパターなのでパター浮気病がおさまります。(笑)

URL | dell92 ID:-

長尺パターはルールに抵触するのでは?
グリップエンドを固定するのが違反との解釈があるそうです。
プロはできるなら使用しない方がいいのではと解説していました。

URL | かぜ ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)